背中ニキビだけでなく顔にも全身にも使えると評判!

ルフィーナの口コミ。ホントのところ

ルフィーナ

ルフィーナで副作用は起きるのか?成分別に詳しく説明します

投稿日:

ルフィーナは背中ニキビ用のクリームですが、顔やおしりに使っても効果があったと評判が上がっています。ただ、デリケートな箇所に使うものなので副作用を気にする方が多いです。心配事はクリアにして安心して使いたいですよね。

ルフィーナに含まれている成分別に、副作用について調べましたので参考にしてください。

ルフィーナの保湿成分の副作用は?

ルフィーナは肌の保湿に力を入れています。果たしてその保湿成分に副作用はあるのでしょうか。

シロキクラゲ

たった1gでペットボトル1本分の水分を蓄えることができる貴重な成分であるシロキクラゲを贅沢に配合しているのがルフィーナの大きな特徴です。そのシロキクラゲに副作用があれば大変なことになります。シロキクラゲはキノコで食用としても有名で、レシピもたくさん紹介されているほどです。

それほど食べたり肌に使用したりされているシロキクラゲですが、刺激のない物質であり、副作用は報告されていません。

ただ、キノコによるアレルギー症状はないとされていますが、ごく稀にキノコを食べると発疹が出るなどの症状が出る方がいらっしゃいます。そのような経験がある方は、念のため注意する方がいいでしょう。

低分子コラーゲン

通常より粒子の大きさが小さい低分子コラーゲンを肌のいちばん奥にある角質層まで確実に行き渡らせて、保湿効果を高めているのもルフィーナの特筆すべき点です。

コラーゲンはタンパク質の一種であり、低分子コラーゲンは粒が小さくなっただけですので、副作用はありません。コラーゲンの過剰摂取で肝臓が不調になったりニキビができたりすることもありますが、それはコラーゲンを食事によって摂取しようとして高脂肪の食品をたくさん食べた場合です。

また、コラーゲンの摂取量が急激に増えると体がびっくりして発疹などが出ることもありますが、これはサプリメントやドリンクの飲み過ぎの場合です。ルフィーナはクリームですし、低分子コラーゲンの分解や吸収を助ける成分も一緒に含まれていて、1日2回塗っている分にはそのような心配は不要です。

ヒアルロン酸

保湿力が高いことで有名なヒアルロン酸は、もともと人間の皮膚に存在しているものです。年齢を重ねるにつれて減少するので化粧品やサプリメント、注射などで補給していき、ヒアルロン酸摂取に副作用はありません。内出血やあざができるのはヒアルロン酸注射のときの施術ミスによるものであり、ルフィーナのようにクリームにより補給する場合は起こりえません。

カモミラ

保湿力と抗酸化作用によりエイジングケアにも有効なカモミラは、キク科のカモミールというハーブから生成される成分です。多くの化粧品に含まれていますし、植物由来成分ですので副作用はありませんが、キク科植物に花粉症のようなアレルギーがある方は念のため気に留めておいてください。

月桃葉

保湿や肌に張りを取り戻す効果があるとされる月桃葉は、亜熱帯や沖縄にも存在する月桃という植物の葉から採取されます。古くから漢方やお茶にも使用されている植物由来成分で、副作用は報告されていません。

アマチャヅル

肌の保湿や代謝の活性化、抗酸化作用もあるアマチャヅルから採れるエキスも、ルフィーナに含まれています。副作用の報告は見当たりませんが、粉末のアマチャヅルに発疹や倦怠感などのアレルギーを起こす方はいらっしゃるようです。ルフィーナはクリームなので問題ないと思われますが、心当たりのある方は注意しておきましょう。

スターフルーツ、テンニンカ果実

保湿や美肌、エイジングケアに有効とされているこれら植物由来成分も、副作用は報告されていません。

ルフィーナの消炎成分の副作用は?

グリチルリチン酸ジカリウム

天草という植物から生成されるグリチルリチン酸ジカリウムは植物由来成分なので、敏感肌の人でも安心であるという理由で多くの化粧品に使われ、肌の炎症を鎮める働きがあります。ルフィーナにおけるグリチルリチン酸ジカリウムは、発症しているニキビに作用して炎症をくい止めて悪化を防ぐ重要な役割を果たしています。

このグリチルリチン酸ジカリウムを1日に大量に体内に取り入れてしまうと、手足がむくんだり痺れたり、頭痛や吐き気がするなどの副作用が起きる場合もありえます。

ルフィーナの場合、一度にあまりにも大量に肌に塗らない限り、このような副作用はまず起こらないと考えてよいでしょう。用法を守って使用しましょう。

水溶性プラセンタエキス

美肌効果があるプラセンタにはニキビで荒れてしまった肌を元に戻す働きがあり、ルフィーナの大切な成分の一つです。

いずれもサプリメントからプラセンタを摂取した場合ですが、摂り始めの頃は生理が早まったり、アレルギーの症状が出る人もいるという報告があります。

グリチルリチン酸ジカリウムと同様に一度に大量に使用しない限り問題ないと思われますが、アレルギー体質の方は頭の片隅に入れておきましょう。

ルフィーナは無添加のクリームです

ルフィーナには合成着色料や合成香料、鉱物油、パラベンなどの添加物は一切使われていません。乾燥肌や敏感肌など肌がデリケートな方でも、副作用やトラブルの心配なく使用できます。

まとめ

ルフィーナはその強力な保湿機能にもかかわらず、シロキクラゲや低分子コラーゲン、植物由来成分でそれを実現しているため、副作用の心配はまず必要ありません。

ニキビを沈静化する成分でもよほど常識外な使い方をしない限り、副作用は心配ありません。

ただ、アレルギーなどで肌がかぶれる、発疹が出るなどの症状が出るケースはゼロではありません。公式サイトの定期コースでルフィーナを購入していれば、その場合には返金してもらえますよ。
詳しくは下の公式サイトで

ルフィーナを72%オフで買える公式サイトはこちら↓ ルフィーナ

-ルフィーナ

Copyright© ルフィーナの口コミ。ホントのところ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss