背中ニキビだけでなく顔にも全身にも使えると評判!

ルフィーナの口コミ。ホントのところ

ニキビ全般

ギトギトな皮脂を抑える!脂性肌から永遠に脱出する方法

投稿日:

乾燥肌に悩む方も多いですが、逆に皮脂が多くてすぐ脂が浮いてきて化粧が崩れたりニキビができたりする方もかなりいらっしゃいます。過剰に分泌された皮脂を抑えることはできないのでしょうか?

このページでは皮脂の過剰分泌の原因と、それを抑えるにはどうすればよいのか説明していきます。

皮脂の分泌が多い肌は脂性肌

皮脂の分泌が多めになっている肌を脂性肌(またはオイリー肌)と言います。聞いたことがある方も多いでしょう。皮脂は皮脂腺というところから分泌されているのですが、脂性肌の方はもともと皮脂腺の数が多い場合と、皮脂腺が盛んに活動している場合、このどちらもの場合があります。いずれの場合でも皮脂の分泌が過剰気味になって、肌がギトギトしているように感じられます。

皮脂には皮脂膜を形成して肌を保護するという重要な役割があります。ところが皮脂の分泌が抑えられずに多くなりすぎると毛穴に詰まったり、それがニキビの発症につながったりと様々な問題が引き起こされます。皮脂が悪者のようになってしまうのですね。

では、なぜ皮脂は皮脂膜を作る以上の量を分泌されるのでしょうか?

脂性肌になる原因

過剰なスキンケア

私は脂性肌だ、と思われている方、実際はあなたは乾燥肌かもしれませんよ。どういうことかと言うと、皮脂を気にする方、皮脂を原因とするニキビに悩まされ続けてきた方は、皮脂に対して意識過剰になっています。そのため顔を頻繁に洗いすぎたり、強い力で擦りすぎたり、大きな効果を謳った刺激的なソープを使ったり、すっきりさを重視するあまり保湿成分が少ないコスメ製品でケアしたりする傾向があります。

これらのケアの結果として望み通りに皮脂は抑えられますが、抑えられすぎて皮脂膜を作るのに必要な皮脂までも失ってしまいます。肌の表面の角質も減ってしまい、バリア機能は弱体化。これは乾燥肌と同じ状況です。皮脂を気にしすぎて乾燥肌を招いてしまっているのです。

バリア機能が弱まった肌をカバーしようと、皮脂は皮脂膜を作ろうとします。これが結果的に皮脂の過剰分泌、脂性肌につながっています。いたちごっこのようですね。

脂分や糖分の摂り過ぎ

脂性肌は食事とも密接な関係があります。肉料理やフライなどの油を多量に使った食べ物は、当然皮脂を増やします。ごはんや麺類などの炭水化物も同様です。食事が偏らないように普段から十分気を配らねばなりません。

また、ケーキやパフェなど糖分が多い食べ物の摂り過ぎも要注意です。体内で糖分が分解されるときにビタミンB群が使われるのですが、ビタミンB群は脂肪の代謝も促すという役目も持っています。糖分が多く入ってくるとその分解の方にビタミンB群が消費され、脂肪の代謝が十分に行えず、油ものをそんなに食べていなくても脂肪が溜まって皮脂の過剰分泌につながります。

直接的に、脂肪の代謝を促す栄養素を含む食べ物が不足していても、皮脂が増えてしまいます。上でも書いたようにビタミンB群や、ビタミンCなど。食物繊維にも脂質を吸収する働きがあるので、野菜不足も脂性肌にはマイナスです。

ストレスや睡眠不足

毎日の生活におけるストレスも、脂性肌の敵です。人間の体はストレスを感じると交感神経が常に活発になって、自律神経が乱れて休まるときがなくなります。交感神経の働きは男性ホルモンの増加を招き、男性ホルモンは皮脂の分泌につながっています。睡眠不足もストレスと同じで、皮脂の過剰状態に陥ります。

ストレスや睡眠不足で肌荒れが起きたりターンオーバーが乱れるのも、こうした理由からです。

スキンケアで皮脂を抑えるには

上記のように皮脂を抑えようと必死になるのは逆効果です。なくなった皮脂を補おうとして皮脂の過剰分泌は続きます。それではどうすればよいのでしょうか。ポイントは保湿です。

肌を保湿してバリア機能を回復させる

肌のバリア機能が高まると皮脂膜によるガードの必要性も過度にならずに済み、結果的に皮脂の分泌が抑えられます。バリア機能を向上させるには、肌の保湿がいちばんです。乾燥せずに水分を適度に含んでいる肌は、もちもちしていて外部刺激にも強くなっています。

保湿成分が豊富に含まれている化粧品やクリームで毎日スキンケアすることをおすすめします。セラミドやヒアルロン酸が保湿成分として有名ですね。脂性肌の方でも乾燥肌向けの化粧品を使ってみてください。ファンデーションが浮かなくなりますし、ファンデーションにも保湿成分があるものを使うといっそう効果があります。

ミストタイプの化粧水で保湿する

脂性肌であるなら昼間でもすぐに皮脂が浮いてくるものです。出てきた皮脂は取り除いて、かつ保湿もできればいいですよね。皮脂をできるだけすぐに取り除けるようにこまめな化粧直しを行いましょう。保湿するためにはミストタイプの化粧水がおすすめです。スプレーする前に、あぶら取り紙やティッシュで皮脂を軽く押さえて拭き取りましょう。その後、顔全体にミスト化粧水をかけて手で軽くポンポンと馴染ませると効果的です。

肌を乾燥させないことでバリア機能を働かせ、皮脂の過剰分泌を抑えます。

固形石鹸を泡立てて優しく洗顔する

洗顔料は扱いやすいクリーム状のものを使いがちですが、添加物が少ない固形石鹸の方がいいでしょう。上述したように力を入れてゴシゴシやるのは厳禁。洗顔前に蒸しタオルで顔を覆って毛穴をよく開かせてから、固形石鹸を泡立てたもので優しく洗いましょう。

洗い流した後の肌は乾燥しているので、化粧水や乳液ですばやく保湿することが脂性肌の方にとっては特に大切です。

まとめ

皮脂の分泌が過剰である脂性肌について、その原因と皮脂を抑える方法について書いてきました。洗いすぎに気をつけて、大切なのは保湿です。

ルフィーナのようなニキビ用の保湿クリームも、脂性肌の方にとっては選択肢に入るというわけですね。

ルフィーナを72%オフで買える公式サイトはこちら↓ ルフィーナ

-ニキビ全般

Copyright© ルフィーナの口コミ。ホントのところ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss