背中ニキビだけでなく顔にも全身にも使えると評判!

ルフィーナの口コミ。ホントのところ

ルフィーナ

ルフィーナの8つの保湿成分を徹底解説!なぜ背中ニキビが二度とできなくなるのか

投稿日:

背中ニキビのみならず顔や胸、おしりなど全身のニキビにも有効だと認められてきたクリームのルフィーナ。その理由はニキビをただ治すだけではなく、ダメージを受けた肌を保湿された正常な肌にすることによって、肌環境から改善していこうというコンセプトがあるからです。

したがって、ルフィーナは保湿成分にこだわっています。このページではルフィーナに配合されている保湿成分について詳しく説明しています。ルフィーナを購入する前も購入してからも参考にしてくださいね。

シロキクラゲの信じられない保水力

シロキクラゲはまさに白いキクラゲのような風貌のキノコです。食用としても有名で、シロキクラゲを使ったサラダやスープなどのレシピが公開されています。シロキクラゲは1gで480gという信じられないほどの保水力があり、シャンプーなどに配合されて髪の保水に力を発揮しています。

そのシロキクラゲがルフィーナにも含まれています。ヒアルロン酸をも凌ぐ保湿力のシロキクラゲが、乾燥しやすい背中の保湿に効果を十分に発揮しています。

低分子コラーゲンで肌に弾力が戻る

肌にコラーゲンがよいと言われていますが、コラーゲンとは何かご存じでしょうか?コラーゲンとはタンパク質の一つの種類で、その多くが肌の真皮に存在しています。コラーゲンがある肌は押してもすぐ元に戻るような弾力があって、すなわち張りが生まれます。ただ、コラーゲンは粒子が大きめで、肌に補給しても角質層の奥には届きづらい性質があるのですが、粒子を小さくして十分に届くようにしたのが低分子コラーゲンです。

コラーゲンは保湿成分であるヒアルロン酸などと共に存在してこそ機能するもので、ルフィーナにはコラーゲンと一緒にヒアルロン酸やシロキクラゲも含まれているので、使用すると肌に弾力がよみがえってもちもちしてきます。

ヒアルロン酸は保湿の定番。もちろんルフィーナにも

ネットでヒアルロン酸を調べるとヒアルロン酸注射やその副作用のことばかり出てきますが、もともとヒアルロン酸とはN-アセチルグルコサミンとグルクロン酸が連結してできた物質です。初めから人間の体に存在しています。ヒアルロン酸には高い保水力があることで有名で、例えば眼球がカラカラではなく常に潤んだ状態をキープできているのはヒアルロン酸の効果のおかげです。

上述したように保湿力でヒアルロン酸の上を行くシロキクラゲもルフィーナには含まれていますが、もちろんヒアルロン酸も配合されていて、ルフィーナの保湿効果の高さの程がうかがえます。

なお、ヒアルロン酸の副作用と言われているのは注射時の施術者によるまずい処置によるものであり、肌に塗るタイプのルフィーナでは副作用の心配はありません。

カモミラの保水力でバリア機能回復

カモミールやカミツレの名前ならご存じでしょうか?ハーブティー(カモミールティー)で有名ですよね。カモミラはそれらの別名で、薬草として使われてきた長い歴史があります。同時に、多くの化粧品に含まれているカミツレは肌にもさまざまな好影響があり、強い保水力があることから湿疹を抑えたり、バリア機能を回復させてしみや小じわを薄くしたり、毛穴を目立たせなくしたりと、たくさんの効用があります。

ルフィーナにカモミラも配合されていることによって、肌の保湿力がいちだんとパワーアップします。

月桃葉はアロマで有名ですが保湿効果も

月桃(げっとう)は沖縄では一般的に見ることができる植物で、高さは3メートルほどにまで成長します。独特の香りがあり、すっきりしている、キリッとして甘いなど感じ方は人それぞれのようです。そのためか沖縄では古くから虫除け剤に使われてきましたが、アロマオイルに使用されていることでも有名です。

月桃には保湿や消炎の効果もあり、化粧品に含まれていることも多くなりました。ルフィーナの構成成分に月桃葉があることで、保湿をさらに高める役割をしています。

アマチャヅルで水の通り道が増える

体の細胞膜はタンパク質でできているのですが、その一種にアクアポリンがあります。アクアポリンが発見されたのは1992年とまだ新しく、機能の全容は解明されていませんが、アクアポリンの中を水分のみが通ることができるという、極めて特殊な性質は認められています。アクアポリンを使って水が細胞間を行き来できるわけです。肌の保湿に重要な機能です。

アマチャヅルのエキスにはこのアクアポリンが細胞膜に作られることを促す働きがあります。アクアポリンが増えると水の通り道が増えて行き来が活発になり、肌の保湿力が向上します。多くの化粧品の成分にアマチャヅルを見かけるようになりました。

ルフィーナにはアマチャヅルも含まれていて、細胞の水分の通り道を作るという面からも保湿効果アップに取り組んでいます。

スターフルーツのビタミンCでコラーゲンが増える

スターフルーツは実をスライスすると星形になる、名前そのままの果物です。食べると果汁たっぷりで、さっぱりしている味わいです。日本では沖縄や奄美大島に生息し、育てられています。

スターフルーツにはビタミンCが豊富に含まれていて、レモンの6倍にも上るとされています。ビタミンCはコラーゲンの合成には欠かせない栄養素です。

ルフィーナに配合されているスターフルーツにより体内にビタミンC、続いてコラーゲンの量が増えて、上の低分子コラーゲンのところでも書いたように、肌に弾力が増す効果が期待されます。

テンニンカ果実で紫外線に強い肌に

テンニンカは日本では沖縄で見られる植物で、主に東南アジアで生育しています。日本において食べる習慣は根付いていないものの、ベトナムではテンニンカはシムと呼ばれ、シムの実を原料としたジャムやワインが有名で美容や健康に役立つとされています。中国では桃金娘(とうきんじょう)と呼ばれていて、それほど熟した実は濃い紫色をしています。

テンニンカ果実のエキスを多くのスキンケア目的のコスメが含んでいて、それは昨今浴びることが増えてきた紫外線対策のためです。テンニンカ果実のエキスにはUVでダメージを受けた肌が自ら回復しようとする作用を強化する作用があります。抗酸化作用もあるためバリア機能も向上します。

ルフィーナに含まれるテンニンカ果実によって紫外線に強い肌、バリア機能が働いている肌になることが促進され、保湿された潤いのある肌が戻ってきます。

まとめ

背中ニキビ用クリームのルフィーナには以上のように8つの代表的な保湿成分が配合されています。特にシロキクラゲ、低分子コラーゲン、ヒアルロン酸はルフィーナの保湿効果を実現する上で重要な役割を果たしています。

肌を保湿してバリア機能やターンオーバーを正常化することにより、根本からニキビができない肌へと作りかえることを目指すルフィーナ。背中ニキビだけではなく、体のどこにできたニキビとも完全に決別するにはルフィーナを試されてみてはいかがでしょうか。

詳しくは下の公式サイトで

ルフィーナを72%オフで買える公式サイトはこちら↓ ルフィーナ

-ルフィーナ

Copyright© ルフィーナの口コミ。ホントのところ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss