背中ニキビだけでなく顔にも全身にも使えると評判!

ルフィーナの口コミ。ホントのところ

ニキビ跡

ニキビ跡のメラニン色素沈着は消せる?仕組みからわかる消す方法とは

投稿日:

ニキビで悩んでいる人の話をよく聞くと、ニキビそのものよりも治った後のニキビ跡を気にしている人が多いことに気づきます。

赤いニキビ跡は、時間が経てばやがて消えますが、茶色いニキビ跡は長引きます。なかなか消えないのでいらいらしますよね。それにはメラニンが関係していることが背景にあります。メラニンによる色素沈着が起きて茶色のニキビ跡ができるのです。

このページでは、ニキビ跡とメラニンや色素沈着との関係やケアの方法について書いていきます。

ニキビが治ってからメラニンの色素沈着が起きるまで

メラニンといえば紫外線を想像する方が多いでしょう。まず紫外線とメラニンの関係から説明します。

紫外線を浴びると活性酸素が増える

紫外線は体の毛細血管を傷つけたり皮膚がんの原因になったりする有害な物質です。細菌や有害物質と戦ってくれるのが活性酸素で、紫外線を浴びすぎると体を守るためにたくさんの活性酸素が発生します。

ただ、この活性酸素というのが曲者で、少なすぎても多すぎてもいけないのです。ちょうどいい量の活性酸素は体を有害物質から守ってくれますが、多すぎると逆に細胞を傷つけてしまいます。それだけ殺傷能力が高いのです。

増えすぎた活性酸素から体を守るのがメラニン

このときに増えすぎた活性酸素と細胞の間に入ってくれるのがメラニンです。活性酸素から細胞を守るためにメラノサイトという細胞がメラニンを分泌します。細胞に代わってメラニンが活性酸素の攻撃を受けて酸化することで、細胞が守られます。酸化したメラニンのほとんどはターンオーバーで古い角質とともに剥がれ落ちますが、メラニンが過剰に残ったときは色素沈着してしまいます。

これが紫外線とメラニン・色素沈着の関係です。

ニキビ跡でメラニンによって色素沈着ができる理由

同じことがニキビとメラニンでも言えます。

ニキビが発症しているのはアクネ菌が異常繁殖しているからです。アクネ菌と戦うために活性酸素が発生し、過剰になった活性酸素を抑えるためにメラニンがメラノサイトから分泌されます。抑えた代償として大量に分泌されたメラニンは色素沈着を起こして、ニキビが治ったのにニキビ跡が残るというわけです。

メラニンによる色素沈着のニキビ跡をケアするには

ターンオーバーで除去されなかったメラニンはシミのように残ってしまいます。目立ちますし、なんとかしたいですよね。自宅でできるケア方法はないのでしょうか?

定期的にピーリングを行う

メラニンが生成されても通常の肌であればターンオーバーにより約28日間で排出されます。ところが肌環境が悪かったり加齢が原因でターンオーバーの期間が長くなり、45日までにもなることがあります。

それを強制的に剥がすのがピーリングです。また、日頃からピーリングによるスキンケアをしていると、ターンオーバーが促進される効果もあります。

ピーリングで古い角質を強制的に除去すれば、次に古い細胞が表皮に近づき、の繰り返しでやがてはメラニンが存在している細胞も表皮に現れて最終的に落ちていきます。

またピーリング剤には、メラノサイトからメラニンを分泌する酵素の働きを抑える成分を含んだものもあり、そちらの効果も期待できます。

しかしピーリングには肌の乾燥を招いてしまう側面もあるので、自宅で行う場合は週に1回程度がよいでしょう。

美白化粧品を使用してニキビ跡を薄くする

説明してきたようにメラニンによるニキビ跡もシミの一種ですので、シミを薄くする・消すための一般の美白化粧品を使うのもよいでしょう。含まれる美白成分としてはビタミンC誘導体は必須です。プラセンタやトラネキサム酸もおすすめです。最近はハイドロキノンも要チェックです。

サプリメントで栄養素を補給する

体の外側からだけでなく内側からもメラニン色素沈着へアプローチする方法はあります。サプリメントで関連深い栄養素を摂取する方法です。食事から摂ってもいいのですが、マルチビタミンのサプリメントを使って効率よく摂取しても構いません。

沈着しているメラニン色素を薄くする働きがあるビタミンCは美白化粧品にも含まれるほど期待できます。ターンオーバーを促進してくれるビタミンB、バリア機能が高まりメラニンの過剰分泌を防いでくれるビタミンA、活性酸素の活動を弱めてくれるビタミンE。これらをサプリメントによって体内に取り込むことで、色素沈着をストップして快方に向かわせてくれます。

クリニックでレーザー治療などを受ける

以上のことを自宅で行ってもなかなかニキビ跡のメラニン色素沈着が治らないときは、費用はかかりますが病院やクリニックに相談することをおすすめします。しつこい色素沈着もレーザー治療や光による治療を受ければ、驚くほど簡単に薄くなって消えることもありえます。

「肌の漂白剤」としてお馴染みのハイドロキノンは色素沈着を薄めるとともにメラニンの更なる生成を抑えてくれる強力な成分ですが、敏感肌や乾燥肌の方が使用するのは注意が必要です。クリニックに行けばハイドロキノンの使用についても医師に相談できて安心です。

メラニンによるニキビ跡を予防するには

今度は予防編です。ニキビが発症してしまったとしても、ニキビ跡がメラニンによる色素沈着を起こさせないためには、日頃からどんなことに留意しておけばいいのでしょうか。

徹底的な紫外線ケア

メラニンといえば紫外線です。ニキビが発症してもそこにメラニンが増やさないためには、やはり紫外線を浴びないようにすることがいちばんです。ニキビができている皮膚や細胞は弱っています。そこに紫外線が当たるとダメージが大きくなって肌の奥深くまで及び、メラニンが作られるだけでなく新しい皮膚に必要なコラーゲンの生成までにも悪影響を与えます。

紫外線を浴びる量を少なくするには、日傘と日焼け止めは必須です。真冬でも、そこまで気を配っている方はたくさんいます。油断大敵です。日焼け止めはすぐ浸透するわけではないので外出直前ではなく余裕をもって外出30分前くらいに塗り、外出が長くなるなら数時間ごとに再び塗るようにすれば、紫外線対策としてベストに近いです。

ビタミンCの補給

メラニンのケアのところでも書いたように、ニキビ跡の色素沈着を防ぐにはビタミンCの効果は絶大です。ビタミンCが入った化粧品はもちろん、食事やサプリメントからも積極的に摂取しましょう。

化粧品の場合はビタミンCを吸収されやすい形にしたビタミンC誘導体が入ったものを使用し、食事ではパセリやピーマンなどの野菜を意識的に摂るようにしましょう。

ビタミンCには抗酸化作用もあるので、アンチエイジングにも有効です。

まとめ

ニキビ跡でなぜメラニンによる色素沈着が起きるのか、またメラニンを薄めて消す方法、メラニンの色素沈着を防ぐ方法について書いてきました。

ニキビになってもニキビ跡が残らないようにきっちり治していきたいものです。このページでご紹介した内容を参考にしてくださいね。

-ニキビ跡

Copyright© ルフィーナの口コミ。ホントのところ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss