背中ニキビだけでなく顔にも全身にも使えると評判!

ルフィーナの口コミ。ホントのところ

背中ニキビ対策

女性必見!背中ニキビが治らない納得の理由

投稿日:

背中ニキビはいったんできると治りにくいと言われています。治ってもまたすぐできる、とも。洋服を着込む冬場はいいかもしれませんが、背中が開いた服も着たい夏はイヤですよね。

そもそもなぜ背中ニキビは治らないのでしょうか?それには女性が陥りやすい習慣も関係ありました。説明していきます。

背中ニキビが治らない理由:背中は皮脂腺が多いのでちょっとしたことで皮脂が過剰になりやすい

ニキビは過剰分泌された皮脂が毛穴に詰まり、炎症を起こしている症状のことです。皮脂は皮脂腺から分泌されるのですが、背中には皮脂腺が多く存在しています。

背中ニキビが治らないのは治ろうとしても皮脂がニキビに供給されるためです。背中で皮脂が過剰分泌される状態になりやすいからなのです。

背中で皮脂が過剰になりやすい理由はいくつかありますが、主なものは次の2つです。

ストレスによるホルモンバランスの乱れ

日常のイライラや睡眠不足などでストレスを感じると、男性ホルモンの分泌量が増加します。皮脂腺は男性ホルモンによって刺激を受けて、皮脂を分泌するという性質があります。つまり、ストレスは皮脂の過剰分泌を引き起こすのです。

背中には皮脂腺が多いので、ストレスの影響で皮脂が増えやすく背中ニキビが治りにくくなる、というわけです。

特に女性は生理のときにホルモンバランスが崩れやすく、妊娠や出産という女性特有のことでも乱しやすいので、治りにくい背中ニキビは要注意です。

肉や糖分の摂り過ぎ

牛肉・豚肉・鶏肉とも肉には動物性タンパク質が含まれています。実は動物性タンパク質にも皮脂腺の活動を活発にする働きがあります。

肉を食べ過ぎてしまうと皮脂が過剰になり、皮脂腺の多い背中のニキビは治りづらくなります。"肉食女子"は気をつけましょう。

糖分の固まりとも言えるケーキやクッキー、パフェ、・・・女性は大好きですよね。実は糖分の摂り過ぎもニキビにはよくありません。

糖分は体内でビタミンB群によって分解されるのですが、ビタミンB群にはもう一つ「皮脂の分泌を抑制する」という重要な役割があります。

糖分を摂り過ぎると糖分分解の方にたくさんのビタミンB群が使われてしまい、皮脂の抑制が疎かになってしまいます。それは皮脂の過剰分泌に繋がるというわけです。

また、糖分によって血糖値が上昇します。血糖値を戻す働きをするのがインシュリン。このインシュリンは男性ホルモンと密接な関係があります。刺激された男性ホルモンはストレスのところでも書いたように皮脂を分泌し、過剰分泌を招きます。

したがって糖分の摂り過ぎによっても皮脂が過剰な状態になり、背中ニキビはなかなか解消されないということになります。甘いもの好きな女性には耳を塞ぎたくなる話ですね。

背中ニキビが治らない理由:背中は外部から刺激を受けやすい

いつも矢面に立っている顔が外部刺激をいつも受けているのはおわかりになると思いますが、実は背中にも特有の事情があって刺激にさらされています。ニキビができているときは背中の肌も弱っている状態です。より刺激を受け止めやすく、背中ニキビがなかなか治らない一因となっています。

背中はどんなものから刺激を受けるのでしょうか?

背中は汗をかきやすい

背中には汗腺が多く存在しているため、汗をかきやすい場所です。汗は蒸発することで体から熱を奪って体温を下げる役割を果たしています。背中は広くて起伏もないので汗を蒸発させやすく、汗腺が存在して働くことに適した場所なのです。

ところが背中の汗は拭き取りにくいため、放置しているうちに皮膚の皮脂が浮いてきてしまいます。それらの皮脂は毛穴に詰まりやすくなり雑菌も増殖しやすいため、背中ニキビは治りにくくなります。

背中は洗いにくい

入浴中に背中はちゃんと洗えているでしょうか。背中は直接は見えず手も届きにくいので、洗うのがつい疎かになりがちです。かといって力いっぱい強くこすっても、ニキビができて弱っている背中の肌は悲鳴を上げてしまいます。

ボディソープや石鹸で注意深く洗った後に残ってしまうと、ニキビに大変な刺激を与えます。よく洗い流すことが大切です。

また、洗髪時のシャンプーやトリートメントも同じです。背中を伝って残っているのは、案外見落とされます。特にロングヘアの方、髪が背中に触れているだけでもニキビには刺激的ですので注意してくださいね。

背中は肌着や洋服と密着しやすい

椅子にもたれたとき、姿勢が悪いとき、汗をかいているとき、寝ているとき、背中と肌着は密着して風通しがよくない状態になっています。

ポリエステルやナイロンなどの化学繊維が常に肌に触れていると、ちょっとしたことでこすれて肌には強い刺激になります。おしゃれ心は背中ニキビが治るまでは我慢して、化学繊維のものは身に着けないようにしましょう。

まとめ

背中には皮脂腺が多く、外部刺激も受けやすい、これが背中ニキビが治らない主な理由でした。背中ニキビはできると厄介なので作らせないことがいちばんですが、もしもできてしまったらクリームなども使って早めにケアすることが大切です。

背中ニキビ専用クリーム「ルフィーナ」なら、ニキビの炎症を抑える成分はもちろん、背中の保湿を促進する成分で皮脂が過剰になっても外部刺激を受けても負けない肌に変えてくれて、ニキビが二度とできない背中を手に入れることができます。下から公式サイトへ飛んで確認してみてください。

ルフィーナを72%オフで買える公式サイトはこちら↓ ルフィーナ

-背中ニキビ対策

Copyright© ルフィーナの口コミ。ホントのところ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss