背中ニキビだけでなく顔にも全身にも使えると評判!

ルフィーナの口コミ。ホントのところ

背中ニキビ対策

ニキビはなぜ繰り返しできるのか?根本からケアしてニキビに永遠の別れを!

投稿日:

ニキビがいつまで経っても治らない!いや、治ったのだけどまた繰り返しできる!という深い悩みを抱えている人はたくさんいます。大人になってからニキビに悩まされるのは、もう卒業したいですよね。このページではニキビ発症が繰り返される理由から、それを避けるにはどうすればいいのか考えていきます。

ニキビができるメカニズム

ニキビができる仕組みをおさらいしておくことは、繰り返しの原因を根本から探っていくうえで大切です。毛穴に角栓がすっぽりはまってフタされるところから、ニキビは始まります。角栓とは、ターンオーバーで角化した(死んだ)細胞である角質と、皮膚を守るための皮脂膜を形成する皮脂が混ざり合ってできたものです。

フタされた毛穴に皮脂がどんどん溜まっていき、酸化を起こして、皮脂を食べて生きているアクネ菌が入り込んできます。アクネ菌が増殖して炎症を起こした状態、それがニキビです。

ニキビの応急処置

ニキビができたら、まず炎症を抑えなければなりません。

抗生物質

皮膚科でニキビを診てもらうと、内服薬(飲み薬)や外用薬(塗り薬)として抗生物質が処方されます。内服薬ならビブラマイシン、ミノマイシン、外用薬ならデュアックやダラシンなどです。これら抗生物質は炎症を起こしているアクネ菌を鎮めることが目的です。

但し、良い菌(アクネ菌も通常は良い菌-肌を正常に保つ働きがあります)も殺してしまうので、抗生物質の使用は短期間に限っておかないと、ニキビが治っても肌が不調になるおそれがあります。

面皰圧出

また、皮膚科でよく行われる治療に面皰圧出(めんぽうあっしゅつ)があります。これはニキビを発症している(または発症する直前の)毛穴の中に溜まっている皮脂や角質などを外科的に取り除く治療です。該当箇所の皮膚を消毒してから針(場合によってはレーザー)を突き刺してフタになっていた角栓に穴を開けて、そこから圧出専用の器具を用いて、溜まっていたものを穴から押し出す手順です。保険がききますし、早期に行うとニキビの発症自体をくい止めることができるので、一般的に施術されています。

※自分でニキビを潰して中身を出すことは、菌が入ってひどくなるおそれがあり、ニキビ跡も残りやすくなるので、やってはいけませんよ!

ピーリング

ピーリングをしてくれる医療機関もあります。ピーリングとは肌の古くなった角質や毛穴に詰まっている皮脂などを酸で溶解して除去する治療方法です。ピーリングもニキビの直接的な原因である角質や皮脂を減少させる施術なので、即効性が期待できますし、短期的な予防にもつながります。

但し、肌に酸を塗るので敏感肌の人には辛く、しばらくは肌が乾燥しやすくなるという側面があります。

応急処置だけではニキビは繰り返しできてしまいます

上で説明してきたニキビへの処置は、言ってみれば対症療法です。炎症を起こしているアクネ菌を殺菌したり、毛穴に詰まっている角質・皮脂・老廃物などを取り除けば、そのとき発症しているニキビを治すことはできるでしょう。しかし再び皮脂や角栓が過剰になって毛穴も詰まりやすい状況になると、ニキビは繰り返しできてしまいます。

つまり、皮脂や角栓が過剰にならない状態、毛穴に詰まらない状態にして、それをキープしていくことがニキビの根本的な治療につながるのです。

ニキビの繰り返しを防ぐには

男性ホルモンの増加を防ぐ

まずは皮脂が過剰分泌されないような体にしていかなくてはなりません。それに関係しているのが男性ホルモンです。体内で男性ホルモンが増加すると皮脂膜を作って体を守ろうとするためか、皮脂の分泌が多くなり角質も厚くなります。大きなストレスを感じたり慢性的なストレスを抱えたりしていると、男性ホルモンが刺激されることがわかっています。できるだけストレスフリーな生活を心がけることが、繰り返されるニキビの予防には大切です。睡眠不足も悪影響です。

また、イソフラボンを含む大豆・豆腐・豆乳などをたくさん食べたり、低用量ピルを服用して女性ホルモンを増やすことで、男性ホルモンの影響を抑えて皮脂分泌を少なくする方法もあります。但し低用量ピルといっても服用しすぎると頭痛などの副作用が起きることがあるので、注意してください。

肌のバリア機能を回復する

肌には本来バリア機能が備わっていて、雑菌やほこり、紫外線からも肌を守ってくれています。肌の表面から水分が蒸発しすぎないように、また外気の乾燥に影響されて肌がカラカラにならないようにうまく調整してくれるのもバリア機能です。

バリア機能が乱れると、肌が乾燥して外部刺激に弱くなります。刺激から守ろうとして皮脂膜を作る作用が働き、皮脂の分泌が過剰になります。また、肌の状態が悪いので、毛穴に角栓や皮脂が詰まりやすくなりニキビが発症します。逆にバリア機能が正常化されると皮脂も適量になり、仮に皮脂過剰になったとしても簡単には毛穴に詰まらない状況を作り出すことができます。

バリア機能を回復するのに重要なのは保湿です。ヒアルロン酸などの保湿成分や、角質細胞をくっつける役割を果たして水分蒸発を防いでいるセラミドが配合されている化粧品で、保湿ケアすることがニキビ繰り返しの予防にはとても大切です。

まとめ

ニキビができると抗生物質や面皰圧出などで炎症を抑える処置をしますが、それだけではニキビの繰り返しを招いてしまいます。ストレスをなくして男性ホルモンを抑制したり、化粧品による保湿ケアで肌のバリア機能を回復したりする、日頃からの地道なケアがニキビのできない体作りへの道です。

ニキビ用のクリームでも、ルフィーナのように肌の保湿に重点を置いているものを使っていきたいですね。

ルフィーナを72%オフで買える公式サイトはこちら↓ ルフィーナ

-背中ニキビ対策

Copyright© ルフィーナの口コミ。ホントのところ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss