背中ニキビだけでなく顔にも全身にも使えると評判!

ルフィーナの口コミ。ホントのところ

背中ニキビ対策

背中ニキビができたら入浴順はこうすべし!

投稿日:

背中ニキビは自分の目で直接見ることができないので、入浴のときも気を使いますよね。強く洗うのはこわいし、洗わなさすぎるのもよくないし。ボディソープはいいのかなあ?などなど悩みは尽きません。背中ニキビがあるときの入浴時の注意点をご紹介します。

鉄則!ゴシゴシ洗うのは絶対にいけません!

背中ニキビを早く治したい!という切実な思いからか、お風呂で背中をゴシゴシと強く洗ってしまう人が数多くいます。私も経験者ですから気持ちはよくわかります。背中って皮が厚いような気がして、ゴシゴシしてもなんか大丈夫そうに思えるのですよね。それに、ゴシゴシ洗うと気持ちがいいのが背中です。洗うときに見えないので、つい強くなってしまうこともあります。

でも、ニキビがある背中をゴシゴシ洗うのは絶対にやめましょう!鼻にできたニキビが気になるからといってゴシゴシ洗わないのと同じです(但し、誰もが一度はゴシゴシして失敗&後悔します)。我慢しましょう。背中ニキビが悪化してしまいます。

なぜいけないかと言うと、ゴシゴシといった強い刺激は正常な肌にさえも炎症を起こしかねず、ましてや既に炎症状態であるニキビに悪影響であることは明らかだからです。また、洗いすぎは乾燥肌に繋がります。洗いすぎると皮膚を守る役割をしている皮脂も削り取られていくからなのです。乾燥肌はニキビにとっては大敵。なかなか治らなくなります。

入浴時の手順にも気を配りましょう

背中ニキビ対策として、入浴時にどういう手順でどこを洗うかまで気を配っていますか?軽く思われがちですが、順番は大切なことです。ポイントは洗い残しを背中に残さないことです。あなたは次の順番になっているでしょうか。

まず最初は、洗う前に湯船に浸かりましょう。シャワーで軽く流してから浸かってもOK。湯船で体を温めることで全身の毛穴が開きます。毛穴に詰まった皮脂や汚れが洗い流れやすくなる効果があります。これ、大事ですよ!

湯船で温まった後は、洗髪です。シャンプーでしっかり洗い、トリートメントでケアしましょう。そして洗顔へと続きます。顔もゴシゴシ洗わないように。シャンプーやトリートメントもですが、洗い残しができないように、しっかりすすぎましょう。これも大事です。

次はいよいよ体です。ほとんどの人は首、肩から順に下りていきますよね。その中で背中をいつ洗うか自由ですが、ここでもしっかり洗い流すことが大切です。洗髪や洗顔のときに洗い落としたシャンプー・トリートメント・ボディソープ(石鹸)が必ず背中に残っているぐらいに考えて、特に背中ニキビができているときは念入りに、しつこいくらい洗い流しましょう。

体を洗い終わったら、もう一度湯船に浸かりましょう。毛穴に洗い残しがあれば、出て行ってくれます。そして最後にシャワーで全身を流して浴室から出ればパーフェクトです。湯船の中の汚れが体に付着していれば落とせますから。おつかれさまでした。

シャンプーやボディソープなどが洗い落とされずに背中に残ってしまうと、それらの粒子が背中の毛穴に詰まることもありますし、刺激物質ですので肌には悪影響を及ぼします。背中ニキビを改善するには、背中の肌環境をいい状態に保っておくことが必須。正しい順番で入浴して肌環境を整えましょう。

入浴も重要な背中ニキビ対策です

上記の他にもボディタオルは刺激が強い化学繊維のものは避けて、石鹸やボディソープも成分をよく確認して体にやさしいものを使いましょう。

背中ニキビにはクリームなどの直接的なケアも必要ですが、入浴など生活環境を見直すことによってもかなりの改善を見込めます。地道に改善していきましょう。

-背中ニキビ対策

Copyright© ルフィーナの口コミ。ホントのところ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss