背中ニキビだけでなく顔にも全身にも使えると評判!

ルフィーナの口コミ。ホントのところ

ニキビ全般

ニキビを内側から治す!サプリメントと必須栄養素はこれ!

投稿日:

ニキビを治すためのアプローチとして、清潔にすることやニキビ専用クリームでのケア、また食生活の見直しや日常生活を整えるなど、いろいろ方法はあります。そこまでやると、さすがに何らかの改善が見られるものですが、イマイチ効果が薄い・遅いと不満を抱く方もいらっしゃいます。

そのような方は、体の中の栄養素が不足しているのかもしれません。ニキビを治すには、さまざまな栄養素の機能が重なり合って実現されるからです。ある栄養素が足りないばっかりに機能がうまく働かず、治りが遅くなるのはよくあることです。

そこでおすすめしたいのが、サプリメントによる栄養補給です。栄養素は食物から摂取できればいちばんよいのですが、食物とビタミンなどの栄養素との関係や、食材調達、食事量、料理する手間など考慮しなければならないことが多く、なにかと忙しくしている私たちには大変です。サプリメントなら、そこに含まれている栄養素と量さえ確認しておけば、あとは毎日飲み続けるだけで済みます。必要な栄養素が日々補給され、それらがニキビを治すことに有効に働いてくれるでしょう。

ニキビ用にはこういうサプリメントを選びましょう

せっかくサプリメントを飲むのなら、ニキビ撃退に有効な栄養素をできるだけ多く含んだものにして、効率的に摂りたいものです。いわゆる、マルチビタミンサプリですね。

加えて、サプリメントは毎日飲むものですから、特に添加物には気をつけたいですね。ビタミンが溜まっていく分、添加物も溜まっていくわけですから。とはいえ、サプリメントを製造する段階で添加物はどうしても使用されます(例えばカプセルの原材料のゼラチンやグリセリンも添加物)。添加物ゼロにはできませんが、なるべく少なくするために、サプリメントの容器に書いてある成分表をよく確認するようにしましょう。

サプリメントで摂取したいニキビに有効な栄養素とは

ビタミンA

ビタミンAの効能

・ターンオーバーの促進:皮膚の新陳代謝が周期的に起こるのが促されるので、ニキビ跡の治りが早まります。また肌環境がいつも整った状態になるのでニキビができる隙がなくなります。

ビタミンAを過剰摂取すると?

ビタミンAの摂取しすぎた分は体内に蓄積されていきます。しかし、レバーやうなぎなどの食物から摂る分には過剰にはなりません。ビタミンAを含んだサプリメントを大量に飲み続けると過剰摂取になり、関節が痛む・皮膚が乾燥するなどの症状が出ることがあります。特に妊婦さんがビタミンAを摂りすぎると、胎児に先天異常が起こるおそれがあるとされています。

ビタミンB1

ビタミンB1の効能

・糖質の代謝機能:米などの炭水化物は糖質であり、糖質を食べると上がってしまう血糖値を下げるためにインシュリンが分泌され、同時に皮脂腺を刺激して皮脂が過剰に分泌されます。ビタミンB1で糖質が代謝されると、インシュリンの量が減って皮脂分泌の抑制、毛穴詰まりも少なくなりニキビができにくくなります。

ビタミンB1を過剰摂取すると?

ビタミンB1は水溶性なので過剰に摂取しても尿に混じって体外に排出されますが、多量に半月以上摂取し続けると頭痛や不眠症、皮膚炎などが引き起こされたという研究結果が報告されています。

ビタミンB2

ビタミンB2の効能

・タンパク質・脂質・糖質の代謝促進:ビタミンB1と同様の理由でニキビができにくくなり、肌自体の新陳代謝も進みやすくなるのでターンオーバーによっても不要な皮脂が減りニキビ跡も治りやすくなります

ビタミンB2を過剰摂取すると?

ビタミンB2は欠乏すると口内炎などになりやすくなることが知られていますが、過剰摂取してもビタミンB1と同じく水溶性なので尿として排泄されます。食物から摂る限りは過剰になることはありませんが、サプリメントなどであまりにもたくさん摂取した場合は下痢などが起きた事例があります。

ビタミンB6

ビタミンB6の効能

・タンパク質の代謝機能:タンパク質をアミノ酸に分解したりアミノ酸から違うタンパク質に合成したりするときに働きます。新しい皮膚を生成してニキビ跡を治したり、ニキビの炎症箇所を和らげるためのエネルギーとして使われたりします。

ビタミンB6を過剰摂取すると?

ビタミンB6もビタミンB1・B2と同様に水溶性であるので、過剰分は尿とともに体外に出されます。サプリメントにより多量のビタミンB6を摂り続けると神経障害や胃腸の異変などが起こるときがありますが、通常は体内に過剰に溜まることはありません。

ビタミンC

ビタミンCの効能

・抗酸化作用:体内の細菌と戦ったり免疫機能もある活性酸素が過剰になる状態を防ぎ、肌の老化を抑えてニキビをできにくくします
・メラニンを抑制:ニキビ跡が茶色くなって定着してしまうのを防ぎます
・コラーゲンの生成:ニキビができてダメージを受けた肌が元通りになるのを早めます

ビタミンCを過剰摂取すると?

ビタミンCは水溶性なので、野菜や果物などの食物から摂取していれば不要なビタミンCは尿として排出されます。
しかし、サプリメントによって大量にビタミンCを摂ってしまうと下痢になってしまう場合があります。が、常識の範囲内ではそうなることはありません。

ビタミンE

ビタミンEの効能

・抗酸化作用:ビタミンCより強力です
・血流促進:末梢の血管まで血を巡りやすくして栄養素を届け、ターンオーバーを正常化して古い角質が残らなくなって、毛穴に詰まるのを防止します
・メラニンの排出を促す:茶色いニキビ跡が消えるのを早めます

ビタミンEを過剰摂取すると?

ビタミンEの過剰摂取には諸説あり、尿や皮脂腺からも排出されるので過剰症にはならない説が有力でしたが、骨粗しょう症になりやすいという研究結果もあります。

ニキビに悩む人へのサプリメント

ドラッグストアでも各種のサプリメントがありますが、ニキビ用のサプリメントとして注目されているのは

NonA.サプリ 洗顔石鹸のNonA.シリーズのサプリメント。栄養機能食品でもあります。

緑の知恵 大人ニキビ用。植物由来成分が中心。

などがあります。

まとめ

サプリメントによる栄養補給もニキビを治す&予防するための重要な方法です。どのような栄養素にどのような効き目があるのかを紹介してきました。ビタミンの種類によっては飲み過ぎによる過剰摂取にならないように注意しながら、体の内側からもニキビを治していきましょう。

-ニキビ全般

Copyright© ルフィーナの口コミ。ホントのところ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss