背中ニキビだけでなく顔にも全身にも使えると評判!

ルフィーナの口コミ。ホントのところ

背中ニキビ対策

背中ニキビを確実に治す有効成分は?

投稿日:

背中ニキビを自分で治すためにケア用品を使いたい。でもどれがいいの?選ぶ基準がわからない。

とお悩みの方に、この成分が入っていたら有効に働きますよ、という情報をお伝えしたくてまとめました。参考にしてみてください。

グリチルリチン酸ジカリウムで炎症を抑える

グリチルリチン酸ジカリウムには炎症を起こしている箇所に働き、それを沈静化し治す方向に導くという消炎作用があります。背中ニキビには特に効果的で、多くのケア商品に含まれています。

グリチルリチン酸は甘草の根から抽出されます。甘草は古くから多くの漢方薬で使われていて、鎮痛・解毒・抗炎症・抗ウイルスなどの作用があります。抽出されたグリチルリチン酸は、より強い抗炎症作用を有しています。昨今では抗アレルギー薬にも含まれています。

背中ニキビが発症して赤くなってしまった赤ニキビがひどくなるのを抑えて快方に向かわせるには、グリチルリチン酸ジカリウムの働きが欠かせません。そうすることでニキビ跡ができることも防げますね。また鎮痛作用もあるので痛みやかゆみも和らげることができます。背中ニキビを治して二度とできないような背中にするには、グリチルリチン酸ジカリウムが配合されているクリームやケア製品を選ぶことが近道です。

グリチルリチン酸ジカリウムはステロイドと同様に免疫抑制作用があるため、長時間にわたり大量摂取すると高血圧やむくみなどの深刻な症状が出ると言われています。ただ、これは経口摂取に限ったことであり塗布摂取では起こらないという説もかなり有力です。背中ニキビをケアするクリームなどに含まれている場合は気にする必要はないかもしれませんが、過去にステロイドで副作用が出た経験がある方は念のため気に留めておかれるとよいでしょう。

ヒアルロン酸などの保湿成分で乾燥を防ぐ

肌が乾燥せずに保湿されていることは、背中ニキビに関わらずどこにできたニキビでも、また肌トラブル全般にとっても極めて重要なことです。肌の保湿は基本だと言ってもいいのではないでしょうか。

しかし特に、背中ニキビには乾燥肌は大敵なのです。ヒアルロン酸などの有効な保湿成分がたっぷり含まれたクリームなどでケアすることが求められます。

もともと背中は表面積が広いこともあり、乾燥しやすいところです。乾燥してしまうとよくないため、人間の体は皮脂でできた膜(皮脂膜)で皮膚を覆って守ろうとします。皮脂膜を作るには皮脂を分泌しなければなりません。乾燥しやすい背中には、すぐ皮脂膜を作ってバリアできるように、皮脂を分泌する毛穴が多く存在しています。

通常の状態ならこの仕組みがうまく働くのですが、ひとたび何かでバランスが崩れてトラブルが起きると、皮脂を分泌しすぎている状況になってしまいます。そうなると余った皮脂は毛穴に詰まりやすくなり、塞がれた毛穴に皮脂がどんどん溜まり、やがて皮脂をエサにしているニキビ菌が入り込んできて炎症を起こす、というニキビ発症パターンが生まれます。背中ニキビの発症です。

したがって、背中は特に乾燥させてはいけませんし、トラブルを起こしてはいけません。起きてしまうと治りにくくなり、厄介です。

そのためには保湿です。背中が保湿されていれば皮脂が過剰に分泌されることもありませんし、バリア機能が働いて、刺激に強い、ニキビができにくい背中になります。また、ターンオーバーも正常化されるので、ニキビ跡が残った場合でも早くきれいな肌に戻ります。

以上のことから、ヒアルロン酸やアマチャヅルなどの保湿成分が背中ニキビのケアには必要です。抜群の保湿力を持つシロキクラゲが配合されているルフィーナもありますね。

グリコール酸でピーリングを促進

グリコール酸は私たちがデザートとしてよく食べるお馴染みのリンゴやブドウに含まれているものです。酸がつくので想像しやすいですよね。その名の通りフルーツ酸と呼ばれていて、最近では女性向け雑誌の美容特集記事などで見かけることも増えてきました。それは、グリコール酸がケミカルピーリングに使われるようになったからです。ピーリングは背中ニキビのケアには特に有効です。

グリコール酸という名前ですが、結晶は臭いもなく無色です。水溶性があるためニキビケアの化粧品やクリームに溶けて含まれやすく、分子が小さいこともあり肌に塗ると伸びがよくてすぐ浸透します。したがって効果がすぐに現れて、古くなって酸化して活性酸素のもととなってしまう皮脂どうしのの結合を弱める働きをします。すなわち、角質が剥がれやすくなり、肌を正常に保つには欠かせないターンオーバーが早まるということです。これがピーリング効果ですね。背中ニキビが炎症を起こしてダメージを受けた皮膚をピーリングで剥がして、新しいきれいな肌に生まれ変わるのを促進します。

実はグリコール酸は人間の肌にもともと存在している成分です。ターンオーバーにおいて上記の役割をもとから果たしています。ゆえに化粧品によってグリコール酸が補給されても刺激や負担が少なく、これも広く使用されている一因です。

また、グリコール酸にはモチモチ肌を実現するには欠かせないコラーゲンやエラスチンの生成を早める作用もあります。肌にハリや弾力が戻るのも背中ニキビのケアには見逃せません。

まとめ

背中ニキビを治すための有効成分として、グリチルリチン酸ジカリウム、ヒアルロン酸などの保湿成分、グリコール酸を紹介しました。特に最初の2つは大事で、ニキビを治しながら保湿して肌環境を整えていくことは長い目で見ても大きな力になります。この条件が揃っているのがルフィーナで、自信を持っておすすめできます。

ルフィーナを72%オフで買える公式サイトはこちら↓ ルフィーナ

-背中ニキビ対策

Copyright© ルフィーナの口コミ。ホントのところ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss