背中ニキビだけでなく顔にも全身にも使えると評判!

ルフィーナの口コミ。ホントのところ

ニキビ全般

ニキビこそ日焼け止めしなきゃ!選ぶときの重要な注意点

投稿日:

紫外線が美容に良くないことはわかっているけれど、日焼け止めを塗りたくてもニキビが出来ていて、使用していいのかどうかわからない!日焼け止め以外で紫外線を防ぐ方法なんてあるの?

今回はニキビと日焼け止めについて詳しく解説をしていきますね。

ニキビを恐れて日焼け止めを控えてはいけません

地球上に降り注いでいる紫外線はUV-A、UV-B、UV-Cの三種類があります。肌への負担となるほどの量が降り注いでいるのは、肌の真皮層まで届き、しわ・たるみの原因となるUV-Aと、肌の表面など浅い場所へ届き、日焼けや白内障の原因となるUV-Bの二種類です。

紫外線は肌を乾燥させることにより、肌のバリア機能を低下させます。そのため紫外線を防がずに浴び続けると、ニキビが出来やすくなり、またニキビが悪化しニキビ跡が残る原因となります。したがって、日焼け止めの使用は必須なのです。

スポンサーリンク

紫外線吸収剤は避けて、ノンケミカルな日焼け止めを

もし、あたなの肌が日焼け止めを使用することによってニキビが出来やすい肌質であったり、白ニキビが出来ている状態の肌であれば、日焼け止めの種類を上手に選ぶことによって対処できるかもしれません。

日焼け止めには『紫外線吸収剤』を使用したものと、『紫外線散乱剤』を使用したものがあります。簡単に説明すると『紫外線吸収剤』は紫外線を熱などに変えてブロックし、『紫外線散乱剤』は光を反射させてブロックするわけです。

・『紫外線吸収剤』→効果が高いが肌への負担が大きい。吸収剤は添加物。
・『紫外線散乱剤』→効果は吸収剤ほど高くないが肌への負担は少ない。散乱剤は白い粉末のため白くなる。ノンケミカル。

という特徴があります。

まず、ニキビが肌にある方は『紫外線散乱剤』を使った日焼け止めを選ばれることをおすすめします。散乱剤を使った日焼け止めのほとんどは、散乱剤をコーティングしており、散乱剤自体が肌に直接触れることはありません。
さらに、クレンジングを使わずに洗い流せるものが多く、選ぶときの目安にしてください。

スポンサーリンク

ニキビには油分は禁物!ウォータープルーフの日焼け止めにも注意

また、治りかけも人も出来やすい人も肌の油分が過剰になるのは避ける方が良いため、オイルフリーかまたはオイル成分が少ないものを選ぶとよいでしょう。

ウォータープルーフなど汗や皮脂に強い性質を持った日焼け止めも、避けた方がニキビのためには無難です。ウォータープルーフは落ちにくい性質がありますので、日焼け止めが肌に残ることにより、ニキビが悪化することもあります。
SPF30まで、PA++までの日焼け止めで日常での生活は十分に防いでくれます。

スポンサーリンク

ニキビがなくなったからといって油断してはいけません!

ニキビがない場所に『紫外線吸収剤』を使った効果の高い日焼け止めを使用するのはどうでしょう?
私ならおすすめしません。ニキビがない場所であっても、肌全体で考えると、ニキビが出来やすい肌質かもしれません。

また、紫外線により肌のバリア機能が低下しているかもしれません。そういった理由で海水浴などに行くわけではない日常生活であれば『紫外線散乱剤』の日焼け止めで十分です。

肌が弱くて日焼け止めを使えない人はどうすればよい?

いくら『紫外線散乱剤』を使った日焼け止めが肌にやさしくても、それでも使用をためらってしまうほど肌が弱い方もいらっしゃいます。
そのような繊細な肌への日焼け対策はどうすればいいのでしょうか?

紫外線は上空からだけでなく、アスファルトや水面、壁など至ることろに当り、反射することにより、私たちの肌へ届きます。
日傘をさしたり、帽子を被っているだけではなかなか防ぎきれません。

最近では紫外線を予防してくれるマスクが売られています。耳にひっかけて目の下から顎先まで覆ってくれるタイプのもので、なかなかの優れものです。
すぐニキビができてしまうような肌の弱い方は、こういった紫外線防止グッズも多くでているので活用されるのも一つの方法ですね。

まとめ

紫外線を浴びることにより、肌バリアが低下してニキビを悪化させる可能性があることがわかりました。そのためには日焼け止めが必要となります。

ニキビ肌の方へのおすすめの日焼け止めの種類は、

・肌への刺激が強い紫外線吸収剤を含んでいない、ノンケミカルなもの
・オイル成分が含まれていない、または少ないもの
・石けんなどで手軽に洗い落とすことができて、クレンジング不要なもの
・ウォータープルーフではないもの
・SPF30、PA++ までのもの

ということになります。
上記の事を参考にしてお肌に合う日焼け止めを選んでみてくださいね。

ニキビと紫外線の関係については次の記事でもまとめています。

ニキビは紫外線でできるの?その理由と日頃からのちょっとした対策

UVカット機能のある化粧品なども多数あり、紫外線を浴びると肌に悪影響があるということは広く知られています。 その紫外線、実はニキビとも深い関わりがあるのです。紫外線を浴びた肌はニキビができやすくなりま ...

続きを見る

336x280affinger

336x280affinger

-ニキビ全般

Copyright© ルフィーナの口コミ。ホントのところ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss