背中ニキビだけでなく顔にも全身にも使えると評判!

ルフィーナの口コミ。ホントのところ

ニキビ跡

ハイドロキノンで消せるニキビ跡とは?有効なニキビ跡と使用上の注意

更新日:

ニキビがやっと治ってもニキビ跡が残ることはよくあります。特に茶色くなったニキビ跡はなかなか簡単には消えてくれません。

そんなニキビ跡を薄くするにはハイドロキノンを使えばいい、と一度は聞いたことがあると思います。ハイドロキノンは確かにニキビ跡を消す効果が期待されますが、正しく使用しないと逆効果になるおそれもあります。

ここではハイドロキノンの仕組みと役割、ニキビ跡に使うときの注意点を解説します。

ハイドロキノンとは?

メラニンはなぜ生成されるの?

メラニン色素で長年悩まされている方も多いと思います。というのも、メラニンは肌にできるシミやシワの原因だからです。ニキビが治ったのに茶色い跡が残っているとき、それもメラニンの影響です。

メラニンは決して悪者ではなく、肌が外部刺激により攻撃を受けたときに戦って肌を守ってくれる重要な役割を持っていて、色素沈着は戦ってくれた証しとも言えます。ニキビの場合はニキビを引き起こしたアクネ菌の炎症から守ってくれているのです。しかし跡が残ってしまうのはちょっとマイナスポイントですね。

メラニンによる色素沈着は通常は肌のターンオーバー(新陳代謝)で排出されます。ターンオーバーの周期は約28日ですので、それだけの日数が経過すればきれいな肌が甦るわけです。しかし何らかの不調が起きてターンオーバーが長引いたり、うまくいかなかったりすると、メラニンが排出されずに長期間あるいは永遠に残ってしまう場合があります。

こちらもお読みください。
ニキビ跡のメラニン色素沈着は消せる?仕組みからわかる消す方法とは

ハイドロキノンでメラニンを抑える

お待たせしました。そこでハイドロキノンの登場です。化粧品によく含まれているハイドロキノンという成分には、メラニンを生成する細胞(メラノサイトと言います)の数を減少させる働きがあります。メラニンを作る際に大きく関わっているチロシナーゼという酵素の活性度を抑えることで、これを実現しています。

したがって、シミやシワの箇所にハイドロキノンを直接塗るとメラニンがだんだん減少していき、薄くなって目立たなくなり、解消へ向かうことが期待できます。シミやシワが新たにできるのを予防する効果も望めます。もちろん、メラニンが原因でできた茶色いニキビ跡に対しても同じです。

こうした美白効果はビタミンCにも見られますが、ハイドロキノンが優れているのは色素沈着が起きている箇所に塗布すればメラニンが除去されて薄くなることです。ビタミンCはメラニンが新たにできるのを抑制するという面の方が強くなっています。

スポンサーリンク

ハイドロキノンをニキビ跡に使うときの注意点

ニキビが治りきってから使いましょう

メラニンが色素沈着を起こしてニキビ跡となっているところにハイドロキノンを使用すると、メラニンの数が減ってニキビ跡が薄くなることが期待できます。しかし、一つ注意点があります。それは、ニキビの炎症が治りきって完全にニキビ跡だけの箇所にのみ使うべきであるということです。炎症が続いているところに塗布してはいけません。

上で述べたように、メラニンはニキビの炎症を鎮める過程で必要となって分泌されたものです。炎症が止まっていない段階でハイドロキノンを塗ると、必要なメラニンが除去されるわけですから、ニキビはなかなか治りません。かえって炎症が悪化してしまいます。

特に、ニキビが同じ箇所に繰り返しできる傾向がある人は要注意です。ニキビが治りきったタイミングの見極めが難しいからです。

ハイドロキノンに頼りすぎずスキンケアも同時に行いましょう

ハイドロキノンを使って早くニキビ跡を消したい気持ちはわかりますが、またニキビができてしまっては元も子もありません。ハイドロキノンでメラニンは取り除けても、ニキビができる根本的な原因は取り除くことはできません。

肌環境を向上させてバリア機能を取り戻しターンオーバーを正常化させることが、ニキビのできない肌作りへの唯一の道です。そのような肌になれば、ニキビ跡の色素沈着の排出も促進され早くきれいになるでしょう。

ハイドロキノンだけに頼らず、毎日の食事や生活習慣にも気を配って、かつ適切にクリームなどでケアしながら、ニキビにもニキビ跡にも縁のない肌を手に入れましょう。

クリームでは保湿に力を入れているルフィーナがあります。背中ニキビ対策のクリームですが、顔や腕・おしりなど全身にも効き目が認められています。

背中ニキビ専用クリーム「ルフィーナ」
スポンサーリンク

まとめ

ニキビ跡を薄くすることに有効だとされているハイドロキノンは、メラニンの数を減らす機能がある成分です。シミやシワ、色素沈着型のニキビ跡に塗布すると効果が期待されます。治りきったニキビ跡に使用すること、スキンケアも同時に行ってニキビができない肌に変えていくことが大切です。

また、ハイドロキノンが含まれた薬も市販されていますが、できれば医師の診察を受けて指導の下で使っていくことをおすすめします。

336x280affinger

336x280affinger

-ニキビ跡

Copyright© ルフィーナの口コミ。ホントのところ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss