背中ニキビだけでなく顔にも全身にも使えると評判!

ルフィーナの口コミ。ホントのところ

ニキビ全般 ニキビ跡

なぜこんなところに!?おしりのニキビとニキビ跡の特徴とケア方法

投稿日:

もうすぐ水着の季節になりますね。パーフェクトな肌の状態で水着を着たいのに、おしりにニキビ跡を見つけてしまって悲しい気分になったことはありませんか?

どうしておしりのような場所にまでニキビができるのでしょうか?できてしまったらどうしたらいいのでしょう。
そんな疑問にお答えしていきます。

おしりにニキビができやすい理由

私たちの皮膚の表面のほとんどの場所に毛穴が存在します。そしてその毛穴の中には皮脂腺といって、皮脂を分泌する器官が付いています。
ニキビというのは大雑把に言ってしまうと毛穴のトラブルですから、ニキビは毛穴のある場所のどこで起こってもおかしくないのです。

顔にはニキビがなくても、おしりにニキビができてしまったなんていう経験はありませんか?
実は、おしりはニキビが出来やすい場所でもあるのです。

女性は特にガードルや着圧の下着、タイツやパンストなどを着用することが多くありますよね。
そのため、臀部というのは常に通気性が良くない場所でもあります。そして、座るときに上半身の重さをおしりが受け止めてくれるので、その部分の皮膚や下着が常に当たる場所は他の皮膚よりも角質層が厚くなり、ざらざらとした感触がすることもあります。

角質層が厚くなってしまうと、毛穴の中の皮脂がうまく外へ出られなくなるうえに、通気性が悪くなっていることで繁殖した菌がその毛穴に入り込み炎症を起こすことがあります。
それがおしりにできるニキビなのです。

通気性に優れている他の場所に比べると、おしりにはニキビができやすい環境が揃っていることになります。

スポンサーリンク

おしりのニキビが治ってもニキビ跡が残るのはなぜ?

おしりに出来たニキビが治ったのに、ニキビ跡がなかなか消えないのはなぜでしょう?

考えられることとして、繰り返し刺激を受けるということがあります。
ニキビが治ってもその場所に体重がかかったり下着が当たったりすることにより、うまくターンオーバーが行われずに剥がれ落ちるはずの角質が残ってしまい、色素沈着が改善されにくい状況に陥ります。

スポンサーリンク

おしりにできたニキビやニキビ跡の特徴

おしりは毎日自分で確認できる場所でもないので、ニキビが進んでしまって炎症を起こし、痛みがあって初めてニキビが出来ていることに気が付くことも多くあるのが特徴です。

また、おしりは通気性が悪いために炎症が治りにくく、さらにアクネ菌が繁殖してしまうことも考えられます。

そして、同じ場所に繰り返し刺激を受けることで、ニキビが悪化し炎症が進んでしまうこともあります。したがって、時にはうしろ姿を鏡でチェックしたり、通気性の良い材質の下着を選んだり、体重が分散するクッションなどを利用するといいでしょう。

いちばんは清潔に保つということと、肌のバリア機能を高めて強くすること、余分な角質を溜めないということです。

シャワーだけの人は湯船に浸かる習慣をつけて、肌の生まれ変わりを促進してください。ゴワゴワガサガサした肌からやわらかく弾力のある肌に戻れば、自然とニキビは出来にくくなってきます。

スポンサーリンク

おしりのニキビ跡をケアする方法

おしりに残ってしまったニキビ跡への対処法は、基本的に他の部位のニキビ跡と同じです。しかし上記のようにおしりのニキビが治りにくく進行しやすいのと同様に、ニキビ跡も簡単には消えてくれません。ていねいに、焦ることのないケアが必要になってきます。

具体的には、ターンオーバーを促す作戦です。おしりに限らず、ニキビ跡を自然に薄くしてやがてきれいにするには、ターンオーバーで新しい皮膚を再生するしかありません。

保湿、紫外線対策、生活習慣の改善がターンオーバー正常化への三本柱です。ほとんどの方のおしりは入浴時以外は下着や衣服で覆われているでしょうから紫外線の心配はあまりしなくてよいですが、保湿は重要です。

保湿力がアップするクリームなどをおしりのニキビ跡の箇所に丹念に塗り込むことを毎日続けましょう。きつい下着で圧迫するのは避けて、刺激を与えないことも大切です。

関連記事

ルフィーナはおしりのニキビにも効果ある?成分から理由を説明します

ルフィーナはおしりニキビの悩みもきれいに解消してくれます。ルフィーナは背中ニキビによく効くと評判のクリームですが、ニキビに有効な成分が豊富に含まれているのでおしりのニキビにも効果的に働きます。痛くて治 ...

続きを見る

生活習慣の面ではストレスを溜めない、暴飲暴食せずにバランスのよい食事、睡眠を十分にとることなど、健康的な暮らしを心がけましょう。これらを続けてターンオーバーを正しく起こさせて、ニキビ跡が残った皮膚が剥がれ落ちるのを待つのがいちばんです。

ただ、ニキビ跡が酷いときはターンオーバーだけでは改善しません。
おしりのニキビは下着などの外部刺激により、角質層が厚くなることが原因と考えられています。それを避けるには、ピーリング用の石けんを使うことにより余分な角質を落とし、ミネラル分を含んだオイル等で保湿することで乾燥を避けるようにしましょう。
また、皮膚科に行き抗生物質の塗り薬などを処方してもらうこともできます。

まとめ

おしりのニキビは痛いだけではなく、水着や友だちとの温泉旅行などもおっくうな気持ちにさせてしまいます。
おしりは皮脂の分泌が活発であるということや、通気性が悪いということ、外部刺激により角質層が厚くなったためにニキビができやすい、ニキビ跡が長引きやすいということがわかりました。

それを予防する方法としては、清潔にすることとターンオーバーを正常化することがいちばんです。そして、ミネラル分を含んだオイルでの保湿が有効であると説明しました。

湯船につかることで厚みのある角質層をやわらかくして、余分な角質をピーリング石けんで落とすとニキビ跡が消えやすくなります。
炎症が続くような場合やしこりが大きくなってきたら迷わずに皮膚科を受診してください。

336x280affinger

336x280affinger

-ニキビ全般, ニキビ跡

Copyright© ルフィーナの口コミ。ホントのところ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss