背中ニキビだけでなく顔にも全身にも使えると評判!

ルフィーナの口コミ。ホントのところ

スキンケア ニキビ全般

ピーリングの効果とは?ニキビにさえも効く理由と実践法

更新日:

スキンケアに興味がある人なら一度は気になるピーリング。ピール=皮を剥くという意味のように、原始的な方法なのですが、ピーリングで得られるメリットは思いのほかたくさんあります。ニキビにも効果が認められていますよ。

そこで、ピーリングの効果と、実際にピーリングするにはどうすればよいかまとめてみました。

ピーリングの効果とは?

ピーリングとは肌に過剰に存在するようになった皮脂や古くて硬くなった角質などを、強制的に落として取り除くことです。これらは本来不要なものですので、ピーリングすることで肌環境が向上していろいろな面で嬉しい効果が現れます。ピーリングが注目を集めているのは、このためです。

ピーリングによる効果には、どんなものがあるのでしょうか?

乱れていたターンオーバーを正常化する

ターンオーバーとは古い皮膚に代わって新しい皮膚が生まれること。新陳代謝のことです。古い皮膚はポロポロと剥がれ落ちていくのですが、これはすなわちピーリングと同じです。ターンオーバーがうまく機能していると、強制的にピーリングしなくても古い皮膚は自然に落ちていく、というわけです。

ところが、ターンオーバーというのは乱れがち。一般には28日周期で起こると言われていますが、年齢を重ねるにつれて周期が長くなっていきます。加えて、イヤなことがあって精神的にダメージを受けたり、睡眠不足や偏った食事が続いたりすると、すぐにターンオーバーの周期の乱れとなって表面化します。お肌はデリケートですよね。

そこで、ピーリングで古い角質を除去することで、新しい皮膚が強制的に生まれざるをえない状況を作り出すことができます。ターンオーバーは乱れは改善され、肌環境が整っていきます。加齢とともにどうしてもできてしまう肌のたるみやシワなども改善されていきます。

シミ・くすみやニキビ跡の原因であるメラニンを除去する

ピーリングでは余分な皮脂や角質とともに、色素沈着したメラニンも除去することができます。

アンチエイジングで問題となるシミ・くすみや、大人になってもできることがある茶色いニキビ跡の元凶は紫外線。紫外線による肌への強い刺激から保護するために、メラニンは分泌されます。そのメラニンが色素沈着を起こした結果が、シミ・くすみやニキビ跡です。

通常はターンオーバーの働きで、メラニンがシミやニキビ跡になっても早い段階で剥がれ落ちます。ところが上でも書いたように、ターンオーバーの周期が長引くとシミ・くすみやニキビ跡がいつまで経っても消えません。

これらの残存しているメラニンも、ピーリングを行うことで取り除くことができます。お肌の悩みが一つ解消されますね。

化粧水の乗りが良くなって保湿力が高まる

化粧の乗りが悪くなったり化粧水が以前より浸透しなくなったりしていませんか?それらは年齢肌が一つの原因だとされていますが、詳しく言うと肌に古い角質が残っていて化粧の邪魔をしているのです。肌にはできるだけ余分なものはない状態にしておきたいものです。

ピーリングでその役割を果たすことができます。ピーリングによって古くなった不要な角質は剥がれ落ちるので、化粧品に配合されている美容に役立つ成分が、邪魔されずに肌に吸収され肌の奥まで届きます。ほとんどの化粧品には保湿成分が含まれているので、しっとりとした潤いのある肌に近づきます。

保湿力のある肌はすべすべして柔らかいものです。くすみもできません。ピーリングするとまだ柔らかい新しい肌が表面に出て保水力が高まり、それがまた肌に柔軟性と透明感を与えるという好循環が始まります。

毛穴から汚れが落ちて目立たなくなる

毛穴も女性にとっては気になるところ。毛穴が開いて黒ずんでいたり汚れが詰まっていたりすると、とても目立ちます。化粧でごまかしてもうまくいかず、外出するのが憂鬱になります。

毛穴の汚れの正体は余分な角質や皮脂です。汚れが詰まっている毛穴は開いている状態なので、余計に汚れが溜まりやすくなります。

ピーリングによって毛穴の中の余分な角質や皮脂も落とすことができます。これで毛穴が目立たなくなると同時に、詰まる前の不要な角質や皮脂もなくなるので毛穴汚れの予防にもつながります。

ニキビを予防することができる

毛穴の汚れと同様に、肌に過剰な皮脂が存在するとニキビができやすくなります。皮脂が毛穴に詰まり、溜まっていくところにアクネ菌が侵入して繁殖、炎症を起こした状態がニキビだからです。皮脂を放置しておくと毛穴が汚れて、時にはニキビにもなる・・・いいことはありませんね。

これを防ぐには余分な皮脂を取り除くことも、重要な対策の一つです。ピーリングで皮脂を除去することで毛穴に詰まることを事前に防ぐことができます。特に、普段から肌に皮脂が多い脂性肌の人には、ピーリングは有効なニキビケア方法になります。

スポンサーリンク

ピーリングをするには

ピーリングを本格的に行うなら皮膚科などの病院で専門医にかかることになりますが、自分でもピーリングは可能です。

自宅でピーリング

病院に行く前に自分で一度やってみたい、という人は多いのではないでしょうか。ドラッグストアや薬局にはピーリング効果を謳っている石鹸や化粧水、ジェルなどが売られています。価格は大体1,000円台~5,000円台前半といったところです。

ピーリング剤にはリンゴ酸、グリコール酸、クエン酸などが含まれているAHAと、サリチル酸が含まれているBHAの2つのタイプがあります。BHAは酸の配合率が低く抑えられているので肌が特に弱い人にはおすすめできますが、一般にはAHAを使用すればよいでしょう。

酸の強い順にグリコール酸、乳酸、リンゴ酸、クエン酸ですので、配合率も確認したうえで自分の肌の強さに合ったピーリング剤を使いましょう。

自宅でのピーリングは費用が安いこともあり気軽に試すことができ、洗顔や化粧すると同時にピーリングを行うということが可能です。

反面、病院よりも酸性度が弱いので効果が実感できるまで時間がかかる、あるいは効果がほとんどない場合もあります。また、定期的に行う必要があるので、専用ジェルタイプなどは面倒に感じることもあります。

※書くまでもないと思いますが、荒れているなど肌の状態がよくないときにピーリングするのはやめましょう。普段から敏感肌そして乾燥肌の人も、無理して自分でピーリングする必要はありません。スキンケアの方法はピーリングだけではないので、他のアプローチを探してみることをおすすめします。

病院でピーリング

自分でしてみて効果がなかったときや初めからちゃんと行いたいときは、皮膚科やクリニックでピーリングしてもらう方法もあります。ケミカルピーリングと呼ばれ、一般に強い酸を使用するので効果がすぐに感じられます。

しかし強い酸ゆえに刺激が強く、肌が荒れるなどのトラブルが発生するおそれもあります。敏感肌の人は要注意です(医師に相談すれば適切なアドバイスをもらえるでしょう)。

そして、料金が高額になることも覚悟しなければなりません。保険がきかないので、総額10万円を超える場合もあります。どの程度効果があり、どのくらい繰り返すかが金額に関係してくるので、信頼できる病院を見つけて(これがなかなか難しいのですが)、医師と連絡を密にとるようにしましょう。

スポンサーリンク

まとめ

ピーリングの効果と、行うときの注意点などを紹介しました。いかがでしたか?メリットが案外多く、自分でも手軽にできると思われたのではないでしょうか。

スキンケアの一つとしてピーリングを取り入れる際の参考になれば幸いです。

336x280affinger

336x280affinger

-スキンケア, ニキビ全般

Copyright© ルフィーナの口コミ。ホントのところ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss