背中ニキビだけでなく顔にも全身にも使えると評判!

ルフィーナの口コミ。ホントのところ

背中全般

どんな服でも着れる!背中のうぶ毛を処理する7つの方法

更新日:

自分の背中のうぶ毛はなかなか気がつかないものです。しかし他人のうぶ毛は気になるもの。手入れしてないなあ、とチェックしてしまいます。

逆に友だちからチェックされても大丈夫なように、背中のうぶ毛もケアしてあげましょう。背中のうぶ毛を処理する方法を7つ挙げてみました。

カミソリや電動シェーバーでうぶ毛を剃る

うぶ毛を自己処理する基本ですね。あらためて書く必要もないかもしれません。

ただ、背中のうぶ毛を自分で剃るのは難しいです。家族や友だちに剃ってもらうことになるでしょう。持ち手が長いカミソリを使えば自力でもできますが、慣れるまで大変そうです。

※自分で行うのが難しいのは、以下の項目全てで言えることですが・・・

剃る前には必ずシェービングクリームを塗って、肌を傷つけないようにしましょう。毛の生え方に注意して、逆らわないようにして剃るのがコツです。

※家庭用脱毛器で処理する方法もあります。これも自分では難しいですよね。

スポンサーリンク

エピローラーを使ってうぶ毛を抜く

エピローラーというのは収縮したスプリング(ばね)に持ち手を付けて、転がりやすくしたものです。肌の上で転がすと、スプリングの隙間に細かいうぶ毛が挟まって抜けていくという仕組みになっています。

エピローラーは顔のうぶ毛を抜くものが主流ですが、腕やすね、そして背中にも使えるエピローラーもあります。スプリングの形状を変えて、顔よりは太くて長いうぶ毛に対応しています。背中用のエピローラーは持ち手が長くなっていて、背中の真ん中にも無理な姿勢をすることなくスプリングが届くように設計されています。

エピローラーによる脱毛も楽な方法です。脱毛タオルは入浴して体を洗うときに使うイメージですが、エピローラーはテレビを見ながらでもスマホを触りながらでもできます。ただ、背中のうぶ毛にエピローラーするにはゆったりとした服にするか、上半身を裸に近い状態にしなければなりませんが。

使い始めた当初は痛みが気になります。しかしそれは抜けている証拠。また、一度に全てのうぶ毛が抜けるわけではないので、暇があればエピローラーする、みたいな取り組み方がいいでしょう。

スポンサーリンク

脱毛タオルを使ってうぶ毛を抜く

脱毛タオルで体をこすると、タオルの表面に毛が絡みつくようになっています。絡みつきやすい繊維でできているタオルです。脱毛スポンジもあります。

絡まった毛はタオルに引っ張られて毛穴から抜ける(脱毛)か、もしくは肌の表面で切れます(除毛)。脱毛タオルで背中をこすることによって、生えている毛を処理することができます。こすると言うとタワシのようにゴシゴシするイメージを持たれたかもしれませんが、軽く丁寧にでOK。ゴシゴシすると肌が傷つきます。

これは楽な方法ですね。背中でも脱毛タオルをまわして両手で持って乾布摩擦のようにすればいいのですから(ゴシゴシしないでくださいね)。古い角質も剥がれ落ちやすくなって、その点でも背中がきれいになります。

ただ、残念ながら濃い毛や太い毛は脱毛タオルでは処理できません。薄いうぶ毛には効果が期待できますが、即効性を求めずに何度も繰り返しやってみることが大切です。

脱毛タオルは1,000円前後で販売されています。Amazonでも売っています。

スポンサーリンク

脱毛ワックスでうぶ毛を抜く

ワックスをうぶ毛の箇所に塗って密着させておいて、上からシートを貼って引き剥がすことで、毛根からうぶ毛を抜く、という方法です。アンダーヘアー用にはブラジリアンワックスと呼ばれています。毛根からきれいに抜けるとすべすべになって気持ちいいですよ。

脱毛ワックスで処理した後は、肌が荒れたりヒリヒリしたりすることが多いです。敏感肌や肌が弱い人は慎重に行うことをおすすめします。

除毛クリームを塗ってうぶ毛を溶かす

直接的にうぶ毛を抜くのではなく、化学的なアプローチとして除毛クリームがあります。除毛クリームはたんぱく質を溶解する性質がある物質で構成されています。毛はたんぱく質でできているので、うぶ毛に除毛クリームを塗布すると溶けて、剃るのと同様の効果を期待することができます。

除毛クリームを毛穴にまで浸透させるとより深く溶かすことができると言えますが、実際は難しく、うぶ毛が濃い人や太い人は毛穴が目立ってしまう可能性があります。

また、刺激が強いので肌が弱い人にはあまりおすすめできません。肌が強い人でも除毛クリームを長時間塗ったままにしておくと、肌が荒れてくるかもしれません。腕には大丈夫でも背中には刺激が強い、ということもありえます。

豆乳ローションを塗ってうぶ毛の成長を抑える

生えているうぶ毛を抜くのではなく抑えるという意味では、豆乳ローションは候補の一つに入ります。豆乳ローションを塗布した箇所では、うぶ毛が伸びなくなったり、新しく生えてこなくなったりする作用が働きます。

豆乳ローションの原料はイソフラボンです。イソフラボンにはエストロゲンという女性ホルモンと同等の性質があり重宝されていることはご存じですよね。化粧品やクリームにもよく含まれています。

体毛をを生やしたり濃くしたりするのは男性ホルモンの働きによります。すなわち男性ホルモンを働かせなくすれば体毛が抑えられるわけで、それには女性ホルモンの比率を高めてやればいいということになります。

したがって、うぶ毛が生えるところに豆乳ローションを塗って、その箇所でのイソフラボン=エストロゲンを増やして女性ホルモンを優位にすることで、男性ホルモンの作用を弱めてうぶ毛を抑えることができるのです。

特に、うぶ毛を抜いた後に豆乳ローションを塗ると効果的です。もう生えてこなくなる、あるいは生えるまでの期間を長くすることが期待できます。

ただ、ホルモンバランスや影響の度合は個人差があるので、効果の度合は人それぞれです。

脱毛サロンや専門のクリニックで脱毛する

有料で、本格的な方法です。脱毛サロンでは光脱毛、クリニックではレーザー脱毛になります。

どちらも専用の脱毛器を使ってプロによる施術なので、任せておけば安心です。時間とお金と回数をかけていいなら、永久脱毛も可能です。

無料カウンセリングを行っているところが多いので、問い合わせてみるとよいでしょう。

まとめ

背中のうぶ毛を処理する7つの方法、いかがでしたか?背中は手が届きにくく、確認も鏡を使ってしなければならないので、どうしてもケアが後まわしになってしまいます。へたに放置しておくとニキビや肌荒れの原因にもなりかねないので、気をつけるようにしましょう。

336x280affinger

336x280affinger

-背中全般

Copyright© ルフィーナの口コミ。ホントのところ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss