背中ニキビだけでなく顔にも全身にも使えると評判!

ルフィーナの口コミ。ホントのところ

スキンケア

シミの自宅での消し方は?クリニックに行く前にしておきたいケアの方法

投稿日:

シミができてしまうと「もう一生取れないの?きれいな肌に戻らないの?」と憂鬱な気分になります。ひどいものになると病院での治療を受けないと消えないことがありますが、自宅で十分にケアすると快方に向かうシミも少なくありません。

このページではシミの消し方と、その前提として知っておいた方がよいシミの種類とでき方について説明していきます。

シミの種類

ここでは主に自宅でケア可能なシミの種類を挙げていきます。

老人性色素斑

いわゆる「シミ」と呼ばれるもので最も多い種類が「老人性色素斑」です。老人性という名がついていますが、
30代以降から徐々に出てきます。女性がシミに悩み始める年齢と一致しますね。

老人性色素斑の原因は紫外線です。日焼けして紫外線に肌が晒されることがダメージとなって表面化したものです。若い頃からの紫外線攻撃がそのときは現れなくても、年を経て積み重なるとシミとなって一気に出てくるのです。まだ若いし大丈夫、などと放置していてはいけません。

老人性色素斑の正体はメラニンです。紫外線からの防御機能としてメラニンが生成されて肌を守り、役目を果たしたメラニンは肌の表面に次第に押し上げられてやがては剥がれ落ちます(ターンオーバーと言います)。しかしあまりにも多量に紫外線を受け過ぎるとターンオーバーに乗り切れないメラニンが残ってしまいます。それが老人性色素斑のシミです。手の甲にできるシミも老人性色素斑であることが多いです。

炎症性色素沈着

炎症性色素沈着によるシミもよく見られます。炎症性色素沈着の正体もメラニンなのですが、メラニンの発生過程が老人性色素斑のときの紫外線とは異なります。

治りきらなかったニキビ跡や外傷による傷跡、湿疹や皮膚炎、また虫刺されなどでも肌は強い刺激を受けます。刺激から守ろうとしてメラニンが分泌されるのは上で書いたのと同じで、刺激が強くて一時的に集中するとメラニンが過剰になり、やはりターンオーバーで排出されずに残るものが出てきます。この茶色く沈着したものが炎症性色素沈着という種類のシミです。

肝斑(かんぱん)

上記2つの他に特殊なシミの種類として肝斑が挙げられます。老人性色素斑も炎症性色素沈着も肌が外部から強い刺激を受けることで発生するシミですが、肝斑は体の内部にその原因があります。

肝斑ができるメカニズムは不明なところもあるのですが、ホルモンに関係しているとされています。女性ホルモンの過剰分泌によるホルモンバランスの乱れです。経口避妊薬を使用している女性や、妊娠して間もない妊婦さんに肝斑がよく見られることも、ホルモンバランスが崩れているからだと考えられます。

肝斑のもう一つの特徴はできる箇所にあります。顔の頬あたりに、それも左右同時に対称の位置にできるという性質があります。グラデーションがかかったようにぼんやりとしたシミになります。なぜこうなるのかは、はっきりとはわかっていません。

この他にもシミと形状は似ていますが遺伝的な性質が強いそばかすや、シミがさらに紫外線の刺激を長年受けて盛り上がったようになった脂漏性角化症も、シミの一種として考えられるでしょう。

自宅でのシミの消し方

脂漏性角化症ともなれば病院で医師による治療を受けることが必要ですが、まだ薄いシミやできたてのシミはできれば自分でケアして消したいですよね。直接的なケアとしては美白化粧品、間接的に体の内部から変えていく消し方にはシミに効果が期待できる食事が考えられます。

ハイドロキノンが配合された美白化粧品で消す

「肌の漂白剤」とも呼ばれているハイドロキノンは、シミをケアするにはとても効果的だとされています。雑誌やテレビなどでもよく取り上げられていますね。

特に有名なのがビーグレンのスキンケアラインです。ハイドロキノンによるシミ消去への効果に加えて、保湿機能が優れていると評判で、愛用者が多い理由となっています。しっとり肌になるとシミだけではなく肌トラブル全般も解決の方向に導いてくれます。アメリカ産の化粧品の中には日本人には合わないものもあるのですが、ビーグレンは日本でも使っている人が多いです。

ハイドロキノンの美白化粧品としてアンプルールのスキンケアラインも挙げておきます。アンプルールは日本で開発され、NHKの番組で取り上げられたことから注目され始めました。従来のハイドロキノンよりも刺激を控えたものを配合しており、ビーグレンだと強すぎて肌が荒れるといった敏感肌の人でも安心して使用することができます。刺激が少ないからといって、シミを消す効果が弱いわけではありません。

シミを消す効果がある栄養素と食材

シミを薄くして消す、また新たにできないようにするのに有効な栄養素というのが存在します。それらを含む食材を普段から意識して食べるようにしてシミ対策をすることも大切です。

ビタミンC

シミの大きな原因であるメラニンの色素沈着を抑えて予防する働きをしてくれるのがビタミンCです。シミに悩む人にとっては絶対に摂り入れたい栄養素です。ビタミンCには他にも美肌をもたらすさまざまな機能があり、コラーゲンの生成促進やシワを予防して肌の老化を防いだりすることで、肌に透明感をもたらします。

ビタミンCがピーマンやパセリといった野菜類、キウイ・レモン、いちごなどに多く含まれているのはご存じですよね。継続的に食べていきましょう。

ビタミンE

紫外線の刺激から肌を守るという点で重要な栄養素はビタミンEです。ビタミンEの働きでは血行がよくなりターンオーバーや各所での新陳代謝がよくなることが知られていますが、紫外線のダメージを和らげる機能も認められています。これによってシミができるのを、また定着してしまうのを防ぐことができます。

ビタミンEを多く含んでいる代表的なものにアーモンドがありますが、アーモンドばかり食べるわけにはいきませんよね。卵黄にも含まれているので玉子を1日1個、あと、かぼちゃやモロヘイヤなどからもビタミンEは摂取できます。

β-カロテン

ターンオーバーを促進する栄養素として、β-カロテンも有名で注目を集めています。古くなった皮膚が剥がれ落ちて新しい皮膚が出てくるので、シミがなくなることを早めてくれます。またβ-カロテンは体内でビタミンAに変換されるという性質を持っているので、活性酸素の過剰な働きを抑えて心筋梗塞などの重篤な病気から予防する効果も期待できます。

β-カロテンは緑黄色野菜、特ににんじんに豊富に含まれています。カゴメから高β-カロテンにんじんジュースも発売されているので馴染みのある方もいらっしゃるでしょう。やはり野菜類はシミ対策としても多方面から有効ですね。β-カロテンはほうれん草やしそ、そして果物のスイカやみかんでも摂ることができるので、意識すれば摂取しやすい栄養素と言えます。

まとめ

シミの主な種類として老人性色素斑、炎症性色素沈着、肝斑があり、紫外線やホルモンの影響で発生するとされています。美白化粧品や食生活によって自宅でシミを消すことも可能ですので、地道にケアしていきましょう。

-スキンケア

Copyright© ルフィーナの口コミ。ホントのところ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss