背中ニキビだけでなく顔にも全身にも使えると評判!

ルフィーナの口コミ。ホントのところ

ニキビ全般

ニキビ治療でビブラマイシンを処方されても大丈夫?効果とデメリット

投稿日:

しつこいニキビやフェイスラインに広がったニキビ、痛みを伴うようなときに皮膚科を訪れる方も多いのではないでしょうか?

専門医はニキビの治療に抗生物質を処方します。どんな薬かよくわからずに飲んだり塗ったりすることに抵抗がある方も多いと思います。

皮膚科で抗生物質を出されることが不安!という方のために、一般的にニキビに処方されるビブラマイシンについて説明します。

ニキビ治療でビブラマイシンを処方されるのはこんなとき

ニキビで皮膚科を訪れる患者さんのうち、患部(ニキビが出来ている場所)のアクネ菌が増殖して炎症を伴うとき、ビブラマイシン(ドキシサイクリン)を処方する皮膚科は多くあります。

医院によっては同じ抗生物質グルーブのミノマイシン(ミノサイクリン)を処方することもありますが、ミノマイシンはビブラマイシンに比べめまいやふらつきなどの副作用が出る頻度が多いこともあり、運転などの危険を伴う作業が制限されます。

そのため、皮膚科ではビブラマイシンを処方する方が多いというわけです。

スポンサーリンク

ビブラマイシンのニキビへの効能

ビブラマイシンは抗生物質です。では、抗生物質とはどんな働きをしてくれる薬なのでしょう。

抗生物質は細菌を殺す効果があり、増殖した微生物(菌)の増殖を抑えることで、感染症などの治療に使用されています。抗生物質が効果的なのは、あくまでも『菌』であり、『ウイルス』ではありません。

ビブラマイシンはアクネ菌の数を減らしてくれる『抗菌作用』以外にも炎症を抑える『抗炎症作用』があります。この二つのダブルの効果で赤く化膿しているニキビへの効果が期待されます。

炎症を伴うニキビというのはブドウ球菌が繁殖し化膿した状態ですから、ビブラマイシンの『抗菌作用』『抗炎症作用』はとても効果的ですが、赤ニキビではない白ニキビには効果が期待できません。

白ニキビは角質が角化することにより出にくくなった皮脂が毛穴に溜まった状態で炎症をおこしていませんので、皮膚科ではケミカルピーリングや皮脂の分泌を抑えるレチノイドなどが処方されます。

スポンサーリンク

ビブラマイシンを飲み続けるとデメリットがある

どんな抗生物質でも長期服用は原則としてしません。2~3週間の服用で一気に菌を殺し、症状を改善させます。そして、頑固なニキビを改善してくれるビブラマイシンですが、どんな薬にも効用と副作用があるようにこの薬も例外ではないのです。

ビブラマイシンの副作用として、8歳未満の子どもでは歯牙の着色やエナメル形成不全を起こす可能性があり、また動物実験(ラット)では胎児への毒性が認められているので妊婦、または妊娠している可能性のある方は使用できません。

ビブラマイシンに限らず、抗生物質全体に言えることですが、『抗菌作用』というのは必要な菌も不必要な菌も両方減らしてしまいます。ですから、常在菌や腸内にある善玉菌も殺菌します。また、繰り返し使うことで耐性菌が出来てしまうこともあり、これは世界的にも抗生物質の処方に対する問題にもなっています。

スポンサーリンク

ビブラマイシンに頼らずニキビができない肌にするには

ビブラマイシンは服用している期間、アクネ菌を減らし炎症を抑えてくれます。しかし、ずっと抗生物質を飲み続けるわけにはいきません。

ある一定の症状が緩和されれば、自己回復力を高めることも必要となります。そのために肌を清潔に保ち、保湿を心がけることで本来の肌が持つ、酸性保護膜(皮脂と汗が混ざり合ったもの)を作って肌のバリア機能を高めましょう。

そして、枕カバーや顔を拭くタオルなどこまめに交換してニキビから遠ざかる生活習慣を心がけましょう。また、体力が落ちてしまってはすべてがムダになってしまうかもしれません。バランスの良い食事を心がけ夜更かしをしないなど、健やかに過ごせる環境を整えることも大切ですね。

まとめ

ニキビが酷い状態のときは皮膚科でビブラマイシンなどの内服薬や塗り薬を処方してもらうことが、ニキビ治療には不可欠です。

しかし、ビブラマイシンのような抗生物質の効くニキビは炎症を伴う『赤ニキビ』であり、皮脂の溜まった軽度の『白ニキビ』には効果が期待できません。

抗生物質を服用している間は、アクネ菌を減少させてくれますが、同じぐらい体の中の常在菌(善玉菌)も減少しているということを理解しておきましょう。善玉菌が減少することでおこることは、下痢や便秘を起こしたり免疫力の低下を引き起こしたりします。

また、繰り返し使用することで菌に耐性がつき、同じ抗生物質が効かなくなる恐れもあります。
抗生物質は一時的に服用するものだということを理解し、症状がある程度落ち着けば、生活習慣や生活環境、食事や肌の保湿を心がけるなど肌の自己回復力を高めることが大切です。

336x280affinger

336x280affinger

-ニキビ全般

Copyright© ルフィーナの口コミ。ホントのところ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss